大田区の外国人滞在施設経営事業特定認定手続き代行、簡易宿所申請手続き代行

外国人滞在施設経営事業って一体何?

外国人滞在施設経営事業とは?

民泊についてのおおまかなイメージを説明した「民泊」って一体何?の中で「国家戦略特別区域法」という法律が出てきました。法律なんて聞くと、小難しくてわからないと思う方もいると思いますが、そんな方にもわかりやすく解説します。

この法律は、要は世の中の経済状況が変わってきたから、それに合わせて特定の区域の規制を緩和して、経済を発展させていきましょうというものです。

民泊との関係で言うと、ホテルや旅館を営業していくための条件を定めている旅館業法の特例を認めるものです。

その「国家戦略特別区域法」には「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業」という言葉が出てきます。漢字ばっかりで長ったらしくてよくわからないと思うかもしれませんが、簡単に言うと、主に外国人を宿泊させる事業のことです。

この法律は、「特定の区域で民家に人を泊めてビジネスをすること」を可能にするものです。

ちなみに、「外国人滞在施設経営事業」なんていうと、「外国人しか泊められない」と思っている人がいますが実はそうではありません。

この点は「特区民泊の対象は外国人だけ?」で詳しく説明しています。

時代に合った規制緩和の必要性

とは言っても、この法律は、日本に来る外国人が増えているけど宿泊施設が足りないという現在の状況を考慮して、これまでよりも容易に人を泊めてビジネスをすることを認めようとするものです。

他方、無制限に認めると、様々なトラブルが生じる可能性があったり、規制を受けているホテルや旅館との間に不公平感が生じてしまうという理由から、一定の規制を設けています。

現在日本で民泊を合法的にビジネスとして提供するためにはいくつか方法がありますが、そのうちのひとつがこの「国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業(特区民泊)」です。

特区民泊は2016年1月に大田区で運用が開始されていますが、宿泊日数が最低でも6泊7日だったり、近隣住民への周知が必要だったりと、事業を行うにあたってのハードルも大きいのが現状です。

2017年1月の時点では、東京都大田区以外では、大阪府、大阪市、北九州市で特区民泊が運用されており、いずれも最低滞在日数は2泊3日と、より利用しやすいものになっています。

よくあるご質問

住宅宿泊事業法

銀座オフィス

銀座オフィス