大田区の外国人滞在施設経営事業特定認定手続き代行、簡易宿所申請手続き代行

合法民泊のための手続き

特区民泊
簡易宿所

合法民泊のための手続き

「民泊」って?
「特区民泊」って?
違法な民泊って?

最新記事

image ※この記事は、平成29年11月時点の情報にもとづいて書かれています。 平成29年6月に、民泊新法とも呼ばれる住宅宿泊事業法が可決成立しました。 これまで旅館業許可を取得できなかったようなケースでも、合法的に民泊を運営することができる制度として注目されています。 この記事では、現時点で判明している範囲で、制度全体を解説していきます…

»…の続きを読む

旅館業許可を取得して民泊運営をする際に、住宅や事務所など他の用途で使用していた建物を転用したいというケースはよくあると思います。 しかし、元々宿泊施設として作られていない建物を用途変更して旅館業許可を取得するためのハードルが高いことが多いのが現状です。 このような状況の中で、注目されてきているのが、元々サービス付き高齢者向け住宅…

»…の続きを読む

民泊に関するご相談をされる方の中には、既に無許可で民泊を営業しているという方が少なくありません。 そのような方々は、現状に対する不安もお持ちであるからこそ我々にご相談を持ちかけてくるのですが、そのような方々でも、「すぐに違法民泊をやめることはできない」という人がけっこういます。 理由を尋ねると、「既に予約が入ってしまっているので…

»…の続きを読む

  このページでは、当法人に寄せられる質問やご相談の中から、よくあるものをまとめています。 そもそも民泊ってなに? 「民泊」という言葉はけっこう色々な意味で使われていますが、「自宅の一部や空き別荘、マンションの空き室などを活用して宿泊サービスを提供するもの」という定義が一般的です。 現在では、「住宅や事務所を転用して、…

»…の続きを読む

平成28年10月25日に、日本政府は特区民泊の最低滞在日数を6泊7日から2泊3日に緩和する内容の閣議決定をしました。 この国家戦略特別区域法施行令改正は同10月28日に公布され、10月31日には施行される予定です。 主な改正点は以下の部分です。なお、他にも細かい改正点がありますが、現状ではそれほど大きな影響を与える可能性は低いで…

»…の続きを読む

民泊は宿泊施設の不足と訪日外国人の増加を背景として、大きなビジネスチャンスとして話題になっています。 行政書士法人シグマにも多くの方から「旅館業の許可を取得して合法的に民泊を始めたい」というお問い合わせ、ご相談を頂いています。 しかし、それらの中で実際に旅館業許可の申請まで辿り着くケースは、非常に少ないのが現実です。 そのような…

»…の続きを読む

平成28年9月現在、民泊を合法的に運営する方法は、特区民泊と旅館業法上の簡易宿所営業のどちらかを選ぶことがほとんどです。 しかし、実はもうひとつ有力ではないかと我々が考えている選択肢があります。それが旅館業法上の旅館営業です。 畳に布団とは限らない 旅館営業と言うと、法律にも「和式の構造及び設備を主とする」と書かれていますし、全…

»…の続きを読む

民泊が話題になり始めた当初から、分譲マンションの管理規約と民泊の関係性というのは注目されていた点で、平成27年末には、国土交通省が、標準管理規約を採用している分譲マンションで特区民泊を行う場合、規約の改正が必要との見解を示しました。 当サイトでも「分譲マンションと特区民泊」という記事で取り上げたことがありましたが、もう少し詳しく…

»…の続きを読む

平成28年6月20日に「『民泊サービス』のあり方に関する検討会最終報告書」が公表されました。 「民泊サービス」のあり方に関する検討会は、民泊についてのルール整備を目的として、厚生労働省と観光庁が計13回にわたり開催してきたものです。 この検討会では、民泊の必要性や、旅館・ホテルとの競争関係、宿泊者の安全確保、近隣住民とのトラブル…

»…の続きを読む

民泊事業をしていくにあたって考えなければいけないことのひとつに保険があります。 住宅を不特定多数の人が滞在、宿泊する施設に転用するという意味では、通常と住宅とは全く異なるリスクが存在します。 そんな民泊に関する保険について、FP(ファイナンシャルプランナー)で行政書士の藤田淑美さんに、行政書士法人シグマ代表の阪本がお話を伺いまし…

»…の続きを読む

よくあるご質問

住宅宿泊事業法

銀座オフィス

銀座オフィス